異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

未経験者なら派遣がおすすめ?狙い目のプログラマ未経験者向け求人

プログラマ求人募集は売り手市場の今が狙い目!

リンク

狙い目のプログラマ未経験求人募集

狙い目のプログラマ未経験求人募集

LINEで送る

「未経験者応募可能」な会社への入社

経験者とは実務経験者を指します。どんな言語を取得していても新卒者の大半は「未経験者」に属します。理系や技術系専門学校卒はもちろん、文系でも挑戦できるのが「未経験者可能」な企業です。その中でも未経験者が狙いやすいのは「特定派遣社員」です。派遣は良くないなどとの言葉がネットなどで散見されますが、特定派遣社員とは、とある企業に正社員として就職し、そこから派遣されるスタイルを取るので、比較的安心できる雇用スタイルを提供してくれるのです。待機中でも給料の発生するメリットを持つ特定派遣として働く人は、IT業界には大勢います。このスタイルの会社に潜り込むことができれば上々だと言えるでしょう。

特定派遣社員になるための方法

基本的にプログラマは必要な分だけ確保できていれば良い、と大抵の企業は考えます。しかし、そんな中、何があってか大型の仕事が受注できてしまいました。そこで一時的に人数を増やそうと考えます。場合によっては、チェックだけの作業・簡単な作業だけでもしてほしい、とにかく頭数だけでも増やしたいと思っている特定派遣の会社もあるでしょう。この瞬間が狙い目です。もう入れ食い状態だと言っても過言ではないでしょう。定期的に求人情報雑誌やIR情報を見て上記の瞬間を狙いましょう。この瞬間はどんなに資格を持っていなくても、経験が無くとも入り込めるチャンスがあるのです。
入り込んだ後のことは、もう想像が付きますよね? そう、半年や1年を過ぎればそこでの労働経験は「実務経験」となります。チャンスが広がる良い戦略だと言えるでしょう。

時期を見計らって転職もアリ

なにはともあれ、一度派遣企業に入ったからにはスキルの向上に努めましょう。新しいスキルを学習し続けることが必須となる企業もあれば、専門分野に特化している企業もあるでしょうが、とにかく一つでも多くの言語やスキルを身につけます。業界内部に入れば、どの会社が業績が良いのか、どの分野が今後躍進しそうなのかが判断できるようにもなってきます。それらの総合的な情報を元に転職するのも悪くはありません。そもそもを思い出しましょう、IT業界に入れないから特殊な手段で潜り込んだのです。正規のルートに戻すようなイメージですね。もし、幸運にもプログラマの経験が積めたなら(1から教えなくてはならないため確率は高くない)、同じようなスタイルのプロジェクト請け負い型の会社に転職しましょう。テスターや保守がメインでも、業界の経験者には変わりません。プログラマで未経験も可能な会社に履歴書を書けば、他者より圧倒的に有利になります。

人気記事一覧

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か 「未経験者でもプログラマになれるの?」という質問を受けることがありますが、答えはYESです。当たり前のことですが、今現役で活躍しているプログラマも最初は全員が未経験者です。プログラミングを学ぶ方法としては独学の他スクールに通うなど、いくつかありますが、未経験者可の求人募集に採用されれば、その会社の研修プログラムで学ぶこともできるでしょう。

プログラマの年収

プログラマの年収 企業に勤める会社員プログラマの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。未経験からスキルと実績を積むまでの間の下積み期間はそう高い収入は得られないかもしれませんが、それはプログラマに限らずどの業界でも同じです。

プログラマ募集の面接で見られること

プログラマ募集の面接で見られること 実績もスキルもない未経験者をプログラマとして採用する企業は、応募者のどこを見て採用可否を判断するのでしょうか。未経験者がプログラマ求人採用を勝ち取るには、採用側の視点を知ることが重要です。ここでは未経験者のプログラマ面接でおさえたいポイントを紹介します。プログラマになりたい!という熱意と情熱を持って挑みましょう。

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

Copyright © 2015 異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情 All Rights Reserved.