異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

プログラマになるのはそう難しくないかも?IT業界の求人募集情報を紹介します

プログラマ求人募集は売り手市場の今が狙い目!

リンク

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

プログラマというと、専門の学校や学部を卒業した理系頭の特殊な専門職というイメージを持つ人も多いかもしれません。確かに、IT系専門職であることは事実ですが、実はそれほどハードルは高くありません。現役バリバリのプログラマも、最初は全員未経験者です。
事実、IT業界の求人募集市場には、未経験者可の求人募集が多数あります。異業種や未経験からプログラマに転身するなら、売り手市場である今こそチャンスです。

プログラマとは

プログラマとは

わたしたちの日常生活に根付いているあらゆるコンピュータテクノロジは全て何らかのプログラムによって動いています。そのプログラムをつくるのがプログラマの仕事です。具体的には、C言語、Java、PHPなど、プログラミング言語という名のコンピュータ用語を用いて、コンピュータに対する細かい指示命令書を書いています。ほんの十数年前まではごく一部の「オタク」呼ばわりされていた人々にしか縁がなかったようなこの作業ですが、今から数十年後には一般教養となるかもしれません。この作業を生業とするプログラマという職業についての概要を紹介します。 プログラマとはの詳細を見る

現役プログラマが語るプログラマの世界

現役プログラマが語るプログラマの世界

プログラマなどのIT系エンジニアというと理系のイメージが先行するかもしれません。分野によって複雑でハイレベルなプログラムを対象とする場合、数学的な知識が必要となるものもありますが、一般的にプログラマになるために理系知識は必ずしも必要ではありません。事実、文系出身のプログラマも多数活躍しています。ここでは、プログラマとして活躍する上で必要となる資質や、プログラマの需要、そしてプログラマの収入実態など、プログラマの現実を紹介していきます。プログラマが人手不足であることは割と有名ですが、その収入相場はあまり高くないのが現状です。 現役プログラマが語るプログラマの世界の詳細を見る

未経験からプログラマ求人募集で採用されるには?

未経験からプログラマ求人募集で採用されるには?

Web業界やゲーム開発、スマホアプリの開発、基幹系業務システム開発など、あらゆる分野で「未経験者可」のプログラマ求人募集が出ています。未経験者を採用する企業では、未経験者向けの研修プログラムを用意している場合が大半です。一定の研修期間を経てプログラミングの基礎から知識を学び、現場でのOJTなど実践を交えて成長するケースが一般的です。未経験からプログラマを目指す人にとって、未経験者可の求人募集に採用されれば、職と学びを一度に手にできることになります。とはいえ、コンピュータに関する基礎的な知識ぐらいは持っておくべきでしょう。 未経験からプログラマ求人募集で採用されるには?の詳細を見る

人気記事一覧

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か 「未経験者でもプログラマになれるの?」という質問を受けることがありますが、答えはYESです。当たり前のことですが、今現役で活躍しているプログラマも最初は全員が未経験者です。プログラミングを学ぶ方法としては独学の他スクールに通うなど、いくつかありますが、未経験者可の求人募集に採用されれば、その会社の研修プログラムで学ぶこともできるでしょう。

プログラマの年収

プログラマの年収 企業に勤める会社員プログラマの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。未経験からスキルと実績を積むまでの間の下積み期間はそう高い収入は得られないかもしれませんが、それはプログラマに限らずどの業界でも同じです。

プログラマ募集の面接で見られること

プログラマ募集の面接で見られること 実績もスキルもない未経験者をプログラマとして採用する企業は、応募者のどこを見て採用可否を判断するのでしょうか。未経験者がプログラマ求人採用を勝ち取るには、採用側の視点を知ることが重要です。ここでは未経験者のプログラマ面接でおさえたいポイントを紹介します。プログラマになりたい!という熱意と情熱を持って挑みましょう。

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

Copyright © 2015 異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情 All Rights Reserved.