異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

プログラマ求人募集は売り手市場の今が狙い目!

リンク

プログラミング未経験者の求人募集の探し方

プログラミング未経験者の求人募集の探し方

LINEで送る

スカウトサービスに登録

漠然とプログラマを目指しているものの業界経験がないために思い切って転職活動に踏み切れない、という方が少なくありません。気持ちはよく分かりますが、多くの求人は年齢制限をかけているため、早く行動しないとどんどん状況は不利になる一方です。そんな時は、転職サイトにある「スカウトサービス」に試しに登録してみてはいかがでしょうか。自分のキャリアをデータとして登録しておくと、それを見た企業の人事担当者が「良かったらうちの会社に来ませんか?」と声をかけてくれることがあります。もちろん登録料は無料ですし、登録した後はスカウトが来るのを待つだけでいいので気が楽です。もし求人情報が送られてきても気に入らなければスルーして構いません。自分の市場価値を調べる意味でも実践する価値は十分にあります。

転職エージェントと相談

本気でプログラミング業界に転職する意思はあるものの一人で行動するのはなんとなく不安、という方にお勧めなのが「転職エージェント」です。転職エージェントとは、インターネット上で各企業の求人情報を公開するだけでなく、会員登録したユーザーに転職斡旋のプロであるキャリアコンサルタントが様々な方向から転職活動をサポートするサービスのことです。面談時に履歴や希望条件を伝えれば、専任のコンサルタントが自分に最適な職場を探し出して提案してくれます。履歴書や職務経歴書などの提出書類の書き方も親身にアドバイスしてくれるため、非常に頼りになります。その上、気に入った求人があれば、その会社の人事担当者と掛け合って給与交渉を代行してくれたり推薦状を提出してくれたりします。しかも利用料は無料。現代人の転職活動に欠かせない存在と言っても過言ではありません。
例えば、Web業界で活躍するWebプログラマを目指すのであれば、こちらがオススメです。【Webプログラマの求人情報|レバテックフリーランス

転職サイトをフル活用

転職エージェントは非常に便利なサービスですが、欠点が無いわけではありません。転職活動を二人三脚で進めるためにいちいち面談することを人によっては煩わしいと感じるかもしれません。エージェント選びを間違うとノルマを焦ったコンサルタントが自分に不釣り合いな職場をごり押ししてくるケースも多々見受けられます。他人に干渉される転職活動はまっぴらだ、という方には「転職サイト」をお勧めいたします。転職サイトは全国の膨大な数の求人情報を網羅しており、フォーム欄にキーワードを入力すれば自分の希望する案件をすぐに絞り込むことができます。最近ではITやプログラミング系の仕事を専門的に取り扱う転職サイトも増えており、プログラマを目指す多くの転職活動者から好評を博しています。

人気記事一覧

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か 「未経験者でもプログラマになれるの?」という質問を受けることがありますが、答えはYESです。当たり前のことですが、今現役で活躍しているプログラマも最初は全員が未経験者です。プログラミングを学ぶ方法としては独学の他スクールに通うなど、いくつかありますが、未経験者可の求人募集に採用されれば、その会社の研修プログラムで学ぶこともできるでしょう。

プログラマの年収

プログラマの年収 企業に勤める会社員プログラマの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。未経験からスキルと実績を積むまでの間の下積み期間はそう高い収入は得られないかもしれませんが、それはプログラマに限らずどの業界でも同じです。

プログラマ募集の面接で見られること

プログラマ募集の面接で見られること 実績もスキルもない未経験者をプログラマとして採用する企業は、応募者のどこを見て採用可否を判断するのでしょうか。未経験者がプログラマ求人採用を勝ち取るには、採用側の視点を知ることが重要です。ここでは未経験者のプログラマ面接でおさえたいポイントを紹介します。プログラマになりたい!という熱意と情熱を持って挑みましょう。

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

Copyright © 2015 異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情 All Rights Reserved.