異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

プログラマ求人募集は売り手市場の今が狙い目!

リンク

プログラマの年収

プログラマの年収

LINEで送る

プログラマの年収ってどのくらい?

ゲーム開発や企業の情報システム開発、Webシステム開発などを手がけるプログラマは、コンピュータが広く普及している現代社会に必要不可欠な存在です。転職サイトに登録すれば、たちまちたくさんの企業から勧誘の声をかけられます。さぞかし給料も高いのだろうと期待してしまうことでしょう。一般企業に勤めるプログラマを対象に統計を取ってみると、初任給は300万円前後、入社から2、3年ほど経過して仕事に慣れ始めたプログラマの年収は400~500万円前後という結果が出ました。思ったより高くなくてガッカリしてしまった方もいるのではないでしょうか。ただし、プログラマの年収は他の職種に比べると非常に幅が広いことで知られています。あくまで平均が400~500万円前後であって、稼いでいる人は1000万円以上もの高年収を実現しています。すべては本人の努力次第。非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

年収500万円台を狙うには?

500万円を12ヶ月で割ると、平均月収はおよそ40万円前後という計算になります。一般的なサラリーマンの手取りが20万円前後であることを考慮すると、実に倍の年収です。単に椅子に座って上司から言われたことを淡々とやっているだけでは到底実現できない額です。年収500万円台を達成するためには、スキルアップによって会社への貢献度を高める必要があります。コード入力だけでなく、「上流工程」というシステムの設計作業に直接関与できるようになれば、プロジェクトの管理者ポジションを任せてもらえるようになります。まずは、地道に実績を積み上げて上司の信頼を得ましょう。そして実務をこなしながらプログラミングの学習も継続し、プログラマとしての実力をしっかり高めていきましょう。なかなか社内に昇進のチャンスがない場合は、思い切って他の会社に転職するという手もあります。

年収1000万円超を狙うには?

1000万円を12ヶ月で割ると、平均月収はおおよそ80万円前後という計算になります。1ヶ月で100万円近くもの給料をもらうためには、それ以上の利益を会社にもたらさなければ話になりません。一介のプログラマからシステムエンジニアやプロジェクトマネージャへのステップアップを目指すのもひとつの手です。フリーランスとして年収1000万円を達成するのは非常に困難です。たくさんのクライアントから請負った依頼をひたすらこなし続けても、人間の体力にはどうしても限界があるからです。そこで、プログラムを活用した工夫が重要になってきます。例えば、オリジナルのアプリをインターネット上でリリースして広告・課金収入を狙えば、本業と並行して副収入を得ることができます。がむしゃらに体を動かすだけでなく、自分の培ったプログラミングスキルを年収アップに有効活用しましょう。

人気記事一覧

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か 「未経験者でもプログラマになれるの?」という質問を受けることがありますが、答えはYESです。当たり前のことですが、今現役で活躍しているプログラマも最初は全員が未経験者です。プログラミングを学ぶ方法としては独学の他スクールに通うなど、いくつかありますが、未経験者可の求人募集に採用されれば、その会社の研修プログラムで学ぶこともできるでしょう。

プログラマの年収

プログラマの年収 企業に勤める会社員プログラマの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。未経験からスキルと実績を積むまでの間の下積み期間はそう高い収入は得られないかもしれませんが、それはプログラマに限らずどの業界でも同じです。

プログラマ募集の面接で見られること

プログラマ募集の面接で見られること 実績もスキルもない未経験者をプログラマとして採用する企業は、応募者のどこを見て採用可否を判断するのでしょうか。未経験者がプログラマ求人採用を勝ち取るには、採用側の視点を知ることが重要です。ここでは未経験者のプログラマ面接でおさえたいポイントを紹介します。プログラマになりたい!という熱意と情熱を持って挑みましょう。

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

Copyright © 2015 異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情 All Rights Reserved.