異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

プログラマ求人募集は売り手市場の今が狙い目!

リンク

プログラマに必要な資質

プログラマに必要な資質

LINEで送る

好きこそ物の上手なれ

これまでの年功序列による給与体系も崩壊しつつあり、良い大学を出て良い会社に就職するよりも、手に職をつけて手堅く生きるという方向へ親子共にシフトしつつある現在、好きなもの、興味のあるものを仕事に選ぶというのは重要なことです。というのも仕事をする上で様々な障壁にぶつかったとき、それを乗り越える原動力は人それぞれとはいうものの、それでも自分が好きで選んだ仕事であれば、そう易々とは降参しないからです。たとえばプログラマであれば、こんなことができないか、あんなことは可能か、と楽しく想像できる人にとって、現在の仕事と直接関係がなくても、様々なスキルや知識に興味を覚えるのは極めて自然なことです。一方嫌々とはいわないまでも、仕方なく仕事に選んだという人にとっては、そのような想像自体が乏しくて、必要に迫られて新しい情報を仕入れるのも、あるいは苦痛であるかもしれません。

プロの自覚

もっともいくら好きだからとはいえあくまで仕事であれば、クライアントの意向に沿うことが最優先であるのは言うまでもありません。しかし趣味か仕事か区別が付かない人の場合などに、得てして自分の嗜好に傾き過ぎるあまり、クライアントを置いてけぼりにする場合も少なくありません。芸術家であれば許されることも、技術者としてのプログラマに期待される役割は、確実にクライアントの意向を満たすプログラムを作成し、それが実効性を持つことである点は、忘れてはならないのです。またプログラミングが面白くなれば、新しい技術を使ってみたり、これまでに誰も試したことのないものを作りたくなるかもしれません。しかしどれだけ立派なプログラムであっても、予算と納期を無視してはプロ失格です。熱い情熱はもちろん必要ですが、一方ではそれに引きずられることのない、クールな判断が求められるのです。

人は一人で生きているのではない

専門用語を羅列して一般ユーザーにはわからない言葉で話していては、コミュニケーションに差し障ります。どんな専門家にも共通することですが、相手が理解できる言葉で自分の専門知識を伝えることができる技術は、仕事をスムーズに進める上で重要です。専門分野にどっぷり浸かるあまり、一般人との交流を遮断してはいけません。また技術革新の激しいIT分野において、プログラミング言語も多種にわたり、それぞれに精通することは難しいかもしれません。しかしクライアントの要求に将来的にも応え続けてゆくためには、問題解決に有効な様々なプログラミング手法とその組み合わせを用意できなければなりません。従ってそのスピードに付いて行けなければ、たちまち絶滅危惧種になる恐れもあるということを肝に銘じておかなければなりません。

人気記事一覧

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か 「未経験者でもプログラマになれるの?」という質問を受けることがありますが、答えはYESです。当たり前のことですが、今現役で活躍しているプログラマも最初は全員が未経験者です。プログラミングを学ぶ方法としては独学の他スクールに通うなど、いくつかありますが、未経験者可の求人募集に採用されれば、その会社の研修プログラムで学ぶこともできるでしょう。

プログラマの年収

プログラマの年収 企業に勤める会社員プログラマの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。未経験からスキルと実績を積むまでの間の下積み期間はそう高い収入は得られないかもしれませんが、それはプログラマに限らずどの業界でも同じです。

プログラマ募集の面接で見られること

プログラマ募集の面接で見られること 実績もスキルもない未経験者をプログラマとして採用する企業は、応募者のどこを見て採用可否を判断するのでしょうか。未経験者がプログラマ求人採用を勝ち取るには、採用側の視点を知ることが重要です。ここでは未経験者のプログラマ面接でおさえたいポイントを紹介します。プログラマになりたい!という熱意と情熱を持って挑みましょう。

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

Copyright © 2015 異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情 All Rights Reserved.