異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

プログラマに必要な資質、年収、需要など。プログラマの実態を公開

プログラマ求人募集は売り手市場の今が狙い目!

リンク

現役プログラマが語るプログラマの世界

世の中のあらゆるものがIT技術で動いている今、プログラマなどのIT系人材はいくらいても足りないほどの需要があります。しかし、日本のプログラマの収入相場は思うほど高くありません。プログラミングが好き、コンピュータテクノロジーが好き、ものづくりが好きな人々が情熱をもって取り組んでいる業界。それがプログラマが生きる世界の実態ともいえます。

プログラマに必要な資質

プログラマといえど、仕事へのスタンスはそれぞれです。その中で優れたプログラマは様々なスキルや知識に敏感で、自ら貪欲に吸収しようとします。もちろん仕事上必要に迫られてやむなく重い腰を上げるよりは、格段に仕事の質が違います。その一方で、自分の趣味嗜好にクライアントを振り回すことなく、あくまでクライアントベースでの仕事の完成を考えなければなりません。情熱溢れるのは結構ですが、それに振り回されてクライアントの要求に応えることができなければ、それはプロとは言えないのです。更にクライアントや一般ユーザーに専門知識をわかりやすく伝えるような、コミュニケーション能力も求められます。 続きはこちら

プログラマの需要

情報化社会の高度化に伴い、クライアントにプログラマの新たな需要が継続的に生じるため、未経験からであってもプログラマを目指すチャンスがあります。もちろん一般的には実績やスキルや知識の高い人が求められる一方で、技術革新のスピードが速いためにそれに対応できる若いプログラマが求められているのも事実です。プログラミング言語も色々ありますが、汎用性のある言語に通じていると需要が高い傾向にあります。またスマートフォンやタブレット端末向けのアプリ開発や家電製品等へ組み込むプログラム開発や、あるいは高度な医療機器等の開発現場にもプログラマの需要があります。 続きはこちら

プログラマの年収

プログラマの平均年収は、400~600万円程度と言われています。ただし、プログラマは実力の世界。実績豊富な方になると、年収が1000万円を超えていることも珍しくありません。プログラマの世界で年収をアップさせるためには、上司に指示されて動く立場から脱却して設計・開発に携わるシステムエンジニアを目指すのもひとつの方法です。管理者的ポジションに立てば、確実に給料を高めることができます。夢の年収1000万円台を達成したい場合は、がむしゃらに仕事をこなすだけでなく、アフィリエイトやアプリの課金収入などプログラムを活用した副収入を狙うと良いでしょう。将来的にはフリーエンジニアとして独立することも視野に入れてよいでしょう。 続きはこちら

人気記事一覧

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か 「未経験者でもプログラマになれるの?」という質問を受けることがありますが、答えはYESです。当たり前のことですが、今現役で活躍しているプログラマも最初は全員が未経験者です。プログラミングを学ぶ方法としては独学の他スクールに通うなど、いくつかありますが、未経験者可の求人募集に採用されれば、その会社の研修プログラムで学ぶこともできるでしょう。

プログラマの年収

プログラマの年収 企業に勤める会社員プログラマの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。未経験からスキルと実績を積むまでの間の下積み期間はそう高い収入は得られないかもしれませんが、それはプログラマに限らずどの業界でも同じです。

プログラマ転職で有効なアピール方法

プログラマ転職で有効なアピール方法 プログラマとしての経験がない場合、実務経験のあるプログラマより少しでも優位に立つために効果的な自己アピールをする必要があります。自己アピールの効果的な手段として、ポートフォリオがあります。これまで独学で得たスキルや作成した成果物をアピールできるため、未経験者であっても十分アピールすることができます。しかし、ポートフォリオ自体は転職活動をする多くの人が作成しているものです。評価に繋がるポートフォリオを作成することがポイントです。

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

Copyright © 2015 異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情 All Rights Reserved.