異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

プログラマ求人募集は売り手市場の今が狙い目!

リンク

プログラミングが出来るメリット

プログラミングが出来るメリット

LINEで送る

就職に有利

世の中にはたくさんの職業がありますが、プログラマほど就職・転職時に便利な仕事はなかなか他にありません。その最大の理由は、プログラマが極めて専門性の高い存在だからです。商品の仕分けや荷物運びなどの仕事はその気になればすぐに実践することができますが、プログラミングは相当な知識がないとできるものではありません。実際、IT業界ではプログラマが不足しているのが実情で、高度なプログラミングスキルを持つ優秀なプログラマの所には会社の方からヘッドハンティングのお誘いが来るほどです。インターネットの転職サイトに登録してもなかなか良い転職先が見つからなくて困っている方が多い昨今、プログラマは多くの職種から羨望のまなざしで見られるステータスの高い存在といえるでしょう。

実務スキルの向上

情報技術が普及している現代、職場にコンピュータを導入していない会社は皆無といっても過言ではありません。プログラミングを習得すればコンピュータを意のままに操れるようになり、作業時間を大幅に短縮できるようになります。その最たる例が、エクセルのマクロです。ワークシートに打ち込んだ大量のデータを集計する際、いちいち人間がすべて手作業でやっていたら非常に手間がかかりますし、ミスに繋がる恐れがあります。そんな時、プログラムを組んで面倒な単純作業をコンピューターに代行させれば、膨大な仕事もあっという間に完璧に終了することができます。Webサイトの情報収集や、SNSの自動投稿、メルマガ配信など、インターネット上の活動をプログラミングで自動化することも可能です。日常的にネットを利用している現代人にとって、プログラミングの習得は大きな武器になります。

仕事が楽しくなる

年配の社会人は、「仕事とはお金を稼ぐために我慢してやるものだ」と口を酸っぱくして後輩に説教しています。確かにビジネスはお金が絡む問題であり、ふざけ半分にやることなど到底許される事ではありません。しかし、ガチガチに緊張して嫌々仕事していても長続きはしないでしょう。下手をすれば、ストレスで体調を崩してしまう恐れがあります。できることなら、少しでも楽しめる仕事に携わりたいものです。
そんな方にとって、プログラマは理想的な職種です。不謹慎ですが、プログラミングという作業にはテレビゲーム機で遊んでいるような感覚と似ているものがあります。やればやるほど楽しくなってくるので、長時間仕事していても疲労や嫌気を感じません。まさに、趣味を仕事にできるワークスタイルといえるでしょう。

人気記事一覧

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か 「未経験者でもプログラマになれるの?」という質問を受けることがありますが、答えはYESです。当たり前のことですが、今現役で活躍しているプログラマも最初は全員が未経験者です。プログラミングを学ぶ方法としては独学の他スクールに通うなど、いくつかありますが、未経験者可の求人募集に採用されれば、その会社の研修プログラムで学ぶこともできるでしょう。

プログラマの年収

プログラマの年収 企業に勤める会社員プログラマの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。未経験からスキルと実績を積むまでの間の下積み期間はそう高い収入は得られないかもしれませんが、それはプログラマに限らずどの業界でも同じです。

プログラマ募集の面接で見られること

プログラマ募集の面接で見られること 実績もスキルもない未経験者をプログラマとして採用する企業は、応募者のどこを見て採用可否を判断するのでしょうか。未経験者がプログラマ求人採用を勝ち取るには、採用側の視点を知ることが重要です。ここでは未経験者のプログラマ面接でおさえたいポイントを紹介します。プログラマになりたい!という熱意と情熱を持って挑みましょう。

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

Copyright © 2015 異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情 All Rights Reserved.