異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

プログラマ求人募集は売り手市場の今が狙い目!

リンク

プログラマのワークスタイル

プログラマのワークスタイル

LINEで送る

プログラマは不足している!?

パソコンやスマートフォンに代表される端末が世間に広く普及している現代、インターネットは民間人にとっても非常に身近な存在です。特に、スマートフォン向けのアプリは驚異的な人気を誇っており、その開発に携わるプログラマも競争率の高い職種であるかのように思われます。ところが関係者に話を伺ってみると、多くの方が現場ではプログラマが大いに不足していると口を揃えて言うのです。プログラミングの仕事自体は溢れるほどたくさんあるにもかかわらず、それをこなせる人材が少なすぎてプロジェクトの進行に支障をきたすケースも見受けられます。その最大の理由は、参入ハードルが高いという点にあります。プログラマは非常に高度なプログラミングスキルを求められます。覚えなければならないことが無数にありますし、長時間パソコンと向き合いながらコード入力を行う地味な仕事に対して漠然とした不快感を抱いてしまう方も少なくありません。
しかし、プログラマの仕事には部外者に分からないたくさんのやりがいがあります。先入観だけで敬遠してしまうのはあまりにももったいない話です。IT系の仕事に興味のある方のために、プログラマの仕事の内情をご紹介しましょう。

プログラマのワークスタイル

一口にプログラマといっても様々なワークスタイルが存在します。最も多いのが、システム開発やゲーム制作を行っている会社に勤務するサラリーマン型のプログラマです。企業が進めるプロジェクトに参加する形で仕事に携わるため、倒産でもしない限り収入に困ることはまずありません。安泰な働き方といえるでしょう。また、最近では会社から独立して個人で活動しているフリーのプログラマも少なくありません。自分の仕事を自分で確保しなければ収入を得られないというデメリットはありますが、ビジネスとプライベートの時間を両立しやすいというメリットがあります。何より、本当に自分の好きな分野のプログラミングに携われるので、ゲームをプレイするような感覚で仕事を楽しむことができます。

プログラマという仕事の魅力

プログラマといえば黙々とキーボード操作ばかりしているしんどい仕事というイメージが根強いですが、一度プログラミングのコツを掴むと、仕事が楽しくて仕方がなくなってきます。とりわけプログラマという職種は収入面で非常に有利です。上記の通り、プログラマはどこの業界でも不足がちなので、派遣会社に登録したら驚くほど大量の求人が舞い込んできて驚かされるほどです。就職・転職で苦労することは皆無といっても過言ではありません。今をときめくGoogleやFacebookなどの大手IT企業を設立した方々もプログラマ出身であり、経験を積むことで超一流のビジネスマンになれるチャンスがあります。

人気記事一覧

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か 「未経験者でもプログラマになれるの?」という質問を受けることがありますが、答えはYESです。当たり前のことですが、今現役で活躍しているプログラマも最初は全員が未経験者です。プログラミングを学ぶ方法としては独学の他スクールに通うなど、いくつかありますが、未経験者可の求人募集に採用されれば、その会社の研修プログラムで学ぶこともできるでしょう。

プログラマの年収

プログラマの年収 企業に勤める会社員プログラマの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。未経験からスキルと実績を積むまでの間の下積み期間はそう高い収入は得られないかもしれませんが、それはプログラマに限らずどの業界でも同じです。

プログラマ募集の面接で見られること

プログラマ募集の面接で見られること 実績もスキルもない未経験者をプログラマとして採用する企業は、応募者のどこを見て採用可否を判断するのでしょうか。未経験者がプログラマ求人採用を勝ち取るには、採用側の視点を知ることが重要です。ここでは未経験者のプログラマ面接でおさえたいポイントを紹介します。プログラマになりたい!という熱意と情熱を持って挑みましょう。

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

Copyright © 2015 異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情 All Rights Reserved.