異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

プログラマ求人募集は売り手市場の今が狙い目!

リンク

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か

LINEで送る

誰もが最初は初心者

昨今の情報化技術の目覚しい進歩により、家庭内にも会社内にも至る所にコンピュータがあり、インターネットにアクセス可能な環境が整っています。そして長引く不況の中で、これだけ隆盛を極めるIT分野への転進を図る人も少なくありません。しかしこれまでの年功序列が崩れつつあるとはいえ、未経験からプログラマになるのであれば、それなりの準備と覚悟が必要でしょう。つまり何事もそうなのですが、目新しくて情報が乏しく、かつ競争相手の少ない分野というのであれば、ある程度の需要が見込めることが前提にはなるものの、参入するのもそれほど難しいことはありません。しかしこれだけそのスキルや知識が高度化かつ専門化しているIT分野において、未経験からプログラマになるためには、現在の需要のレベルを確認しておく必要があります。もちろん希望するのは自由ですが、アマチュアであればともかくプロになるのであれば、仕事にならなければ話になりません。

とりあえず作ってみる

そこでまずは、身近な問題を解決するプログラムを実際に作成してみるのがよいでしょう。つまり現在自分や会社の同僚、あるいは友人が悩んでいる事務処理を、簡単にするためのプログラムを自ら考え作ってみるのです。オンライン上にも基礎的なプログラムを作成するための講座は様々に提供されています。その中から自分に合うものを選んで受講するのも良いでしょうし、適宜、基本書を読み進めるのも良いでしょう。いずれにせよ、実際に必要なプログラムを現実に自分の手で作成することで、まずはプログラミングがどんなものなのか、という感覚を掴むことができます。そこから世の中の需要に合うようなプログラミングを行うために必要な基礎的スキルや知識をどのように習得して行くのか、は人それぞれです。例えば会社内にIT部門というべきものがないのであれば、自分が作成したプログラムを提案し、更に社内での需要に応じて自分が率先してプログラミングを行うことで、経験を少しずつ積むことができるかもしれません。

派遣会社を利用する

独学でできる範囲は努力すべきですが、その先の道として、未経験者可の求人募集に応募するのもひとつの手です。また、エンジニア系の派遣会社では、昨今の人材不足を反映して、派遣会社が自社に登録することを前提に、プログラマの養成講座を受講させてくれる場合もあります。もっともプロの仕事は、実務を行って初めてわかるものであり、未経験からプログラマの仕事を探すのであれば、相応の覚悟と努力が必要です。クライアントはあくまでプロを求めているのであって、少しずつ仕事を覚えながらお金をもらうという甘い考えで始められるものではないのであり、数ヶ月の養成講座で対応できるレベルではないことも頭に入れておきましょう。努力が血肉となって自らの力になることを実感できるのも、プログラミングのおもしろさです。

人気記事一覧

未経験からプログラマになることは可能か

未経験からプログラマになることは可能か 「未経験者でもプログラマになれるの?」という質問を受けることがありますが、答えはYESです。当たり前のことですが、今現役で活躍しているプログラマも最初は全員が未経験者です。プログラミングを学ぶ方法としては独学の他スクールに通うなど、いくつかありますが、未経験者可の求人募集に採用されれば、その会社の研修プログラムで学ぶこともできるでしょう。

プログラマの年収

プログラマの年収 企業に勤める会社員プログラマの年収は、おおよそ400万~500万円が相場と言われています。一方、ハイレベルなスキルを持ってフリーランスで活躍するプログラマなどは、年収1,000万円以上稼ぐケースも稀ではありません。未経験からスキルと実績を積むまでの間の下積み期間はそう高い収入は得られないかもしれませんが、それはプログラマに限らずどの業界でも同じです。

プログラマ募集の面接で見られること

プログラマ募集の面接で見られること 実績もスキルもない未経験者をプログラマとして採用する企業は、応募者のどこを見て採用可否を判断するのでしょうか。未経験者がプログラマ求人採用を勝ち取るには、採用側の視点を知ることが重要です。ここでは未経験者のプログラマ面接でおさえたいポイントを紹介します。プログラマになりたい!という熱意と情熱を持って挑みましょう。

異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

Copyright © 2015 異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情 All Rights Reserved.